レーザー照射後に必要なアフターケア
  • 施術前に知っておくべき基礎知識
  • 永久脱毛の擬似体験
  • 脱毛された方の声
  • スタッフの研究レポート
  • 脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー
  • 料金シミュレーション
永久脱毛研究室 > スタッフの研究レポート > レーザー照射後に必要なアフターケア

レーザー照射後に必要なアフターケア

レーザー照射後に必要なアフターケア

微笑む女性

レーザー脱毛後のお肌の状態

医療レーザー脱毛でレーザー照射を受けたお肌は、軽い炎症状態となっています。
発熱によって脱毛を行うため、どんなに優れたレーザー脱毛機器でも炎症は生じます。
機器の性能や施術者の技術、または脱毛する部位によって炎症の程度は異なりますが、日焼けした時のような軽い炎症なので強い痛みが残るわけではありません。
施術後のアフターケアはとても大切で、お肌が乾燥してダメージに弱い状態となっているため、油断すると肌トラブルを招きかねません。
レーザー照射後の保湿はとても大切で、乾燥したお肌はバリア機能が低下しているため保湿クリームなどでお肌を守ってあげましょう。
乾燥していると埋没毛が生じやすくなるため、こうした肌トラブルを防ぐために保湿は欠かせません。

レーザー照射後の日焼けは禁物

レーザー照射後は日焼けは必ず避けるようにしてください。
炎症時に日焼けをするとシミになってしまう可能性があるため、紫外線が強い季節は外出時に日焼け止めクリームを塗る、または皮膚が隠れる服を選んでお肌を紫外線から守ってあげましょう。
雪は紫外線を多く反射してしまうため、冬も油断禁物です。
スキーでは雪焼けをすることがあるので、脱毛直後にスキーに行く場合も日焼け止めを塗っておく方が安心です。

雑菌にも注意

体温が上昇することは避ける方が良いため、施術後は激しい運動は控え、入浴もシャワーに留めておいてください。
熱いお湯でも刺激となるためぬるま湯に設定し、体を洗う時はタオルなどでゴシゴシこすらずに優しく洗いましょう。
ぬるま湯なら医療レーザー脱毛を受けた当日でもシャワーを浴びても大丈夫です。
お肌が正常な状態ならバリア機能によって雑菌が入り込みにくくなっていますが、レーザーを照射することで一時的にバリア機能が低下してしまっています。
毛穴に雑菌が入ってしまうと毛嚢炎(もうのうえん)になり、毛嚢炎はニキビへと発展するため雑菌には充分注意しましょう。
毛嚢炎が続くようなら早め診察を受けていただき、ニキビになる前に毛嚢炎を解決されることを推奨します。

料金シミュレーションはこちら

失敗しないお役立ち情報

フリーダイヤル:0120-777-695

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

施術前に知っておくべき基礎知識

永久脱毛の擬似体験

脱毛された方の声

スタッフの研究レポート

脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー