レーザー脱毛のトラブルを回避するための注意点
  • 施術前に知っておくべき基礎知識
  • 永久脱毛の擬似体験
  • 脱毛された方の声
  • スタッフの研究レポート
  • 脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー
  • 料金シミュレーション
永久脱毛研究室 > 施術前に知っておくべき基礎知識 > レーザー脱毛のトラブルを回避するための注意点

レーザー脱毛のトラブルを回避するための注意点

レーザー脱毛のトラブルを回避するための注意点

考える女性

レーザー脱毛によるヤケド

レーザー脱毛は医療行為であり、安全性が高いとはいえトラブルが起こる可能性はゼロではありません。
レーザー脱毛はメラニン色素に吸収されるレーザーを用い、発熱によって毛根の再生組織を破壊する施術法であるため程度の差はあれどヤケドのリスクが伴います。ヤケドといっても軽い炎症なので2~3日ほどで治まりますし、多くの方はトラブルなく脱毛を受けられています。

以前よりもレーザー脱毛機器の性能が向上しているのでヤケドの程度はかなり治まっているので痛みも少ないですが、お肌の状態や部位によってはヤケドが大きくなる恐れがあります。一番ヤケドをする可能性が高いのは日焼けした状態の肌です。日焼けしている肌はメラニン色素が多くなっているため、レーザーが吸収されやすい状態となっています。
そのため日焼け時にレーザー脱毛をすると通常よりも痛みが伴い、ヤケドをする可能性が高くなります。
脱毛前は日焼けを避ける、または日焼けを治まってから施術を受けることでヤケドというトラブルを避けることができます。

レーザー脱毛前の日焼けはNG

肌の露出が増える夏に脱毛を希望される方が多いですが、夏は日焼けしやすいので脱毛には不向きな季節と言えます。より安全にレーザー脱毛を受けるなら紫外線が弱い秋から冬が適しています。紫外線による日焼けはレーザー脱毛にとっては天敵とも言える存在ですので、脱毛前の日焼けはNGです。

レーザー脱毛はメラニン色素が濃い方が脱毛効果が高まるため、濃い毛の方が脱毛しやすいという特性があります。薄い毛や産毛も脱毛は可能ですが、メラニン色素が薄いため一度の施術では効果が現れません。メラニン色素が薄い毛は基本的に数度の施術で脱毛効果が発揮されるので、即効性はないと言えます。

レーザーの照射出力を強めれば脱毛効果は高まりますが、同時にヤケドのリスクも高まるので必要以上に出力を上げるのはあまりオススメではありません。もともと薄い毛や産毛目立ちにくいので、産毛の脱毛は避けるのもひとつの考え方です。

料金シミュレーションはこちら

失敗しないお役立ち情報

フリーダイヤル:0120-777-695

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

施術前に知っておくべき基礎知識

永久脱毛の擬似体験

脱毛された方の声

スタッフの研究レポート

脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー