レーザー脱毛は医療行為
  • 施術前に知っておくべき基礎知識
  • 永久脱毛の擬似体験
  • 脱毛された方の声
  • スタッフの研究レポート
  • 脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー
  • 料金シミュレーション

レーザー脱毛は医療行為

レーザー脱毛は医療行為

asian doctor medical image

医療レーザー脱毛

医療レーザー脱毛はレーザー脱毛と略して呼ばれることが多いですが、医療を冠するのが正しい呼び名です。レーザー脱毛という名称だと医療行為でないという印象を受けてしまいますが、レーザー脱毛は医療行為となっているため医療機関でしか受けることができません。エステサロンで行っているのは光脱毛であるため、レーザー脱毛とは異なります。

医療レーザー脱毛の脱毛効果

医療レーザー脱毛は黒色、または茶色に吸収されるレーザー利用し、毛根と毛乳頭をレーザーによる発熱で破壊することで脱毛効果が得られます。針脱毛(ニードル脱毛)は針を用いて1本1本の毛穴を処理していくため非常に時間がかかり、施術には痛みが伴います。

レーザー脱毛は複数本の毛を処理することができるので針脱毛と比べると施術時間が短く、痛みもかなり抑えられているので体への負担も軽減されています。しかしながら、レーザー脱毛も完全に痛みをゼロにできるわけではないので痛みはあります。
痛みの程度はゴムをはじいた程度の痛みという表現が用いられますが、使用するレーザー脱毛機器や施術者の技術、また脱毛する部位によって痛みが異なります。

最新のレーザー脱毛機器「ライトシェア・デュエット」は皮膚を吸引してレーザー照射するので照射出力を弱めることができます。低照射出力で脱毛が可能なため従来の機器よりも大幅に痛みが軽減され、施術時に感じる痛みが最小限に抑えられています。
施術時間も最大3分の1にまで短縮可能なので、短い時間で施術が受けられます。

医療レーザー脱毛の特性

レーザー脱毛はメラニンに反応するため濃い毛の方が脱毛しやすく、色素が薄い産毛は脱毛が難しいとされていますが、産毛も数回施術を受けることで脱毛が可能です。1回の施術で効果を得ようと思ったらレーザーの照射出力を上げればいいわけですが、出力を上げると痛みが増えてしまうので数回の施術で脱毛を行います。
1度の施術で脱毛効果が実感できる部位もあれば、数回の施術を受けた後に脱毛効果が現れる部位もありますので、レーザー脱毛は基本的には数回受けるものと捉えていただければと思います。

料金シミュレーションはこちら

失敗しないお役立ち情報

フリーダイヤル:0120-777-695

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

施術前に知っておくべき基礎知識

永久脱毛の擬似体験

脱毛された方の声

スタッフの研究レポート

脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー