医療レーザー脱毛とニードル脱毛(針脱毛)の違いは?
  • 施術前に知っておくべき基礎知識
  • 永久脱毛の擬似体験
  • 脱毛された方の声
  • スタッフの研究レポート
  • 脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー
  • 料金シミュレーション
永久脱毛研究室 > 脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー > 医療レーザー脱毛とニードル脱毛(針脱毛)の違いは?

医療レーザー脱毛とニードル脱毛(針脱毛)の違いは?

医療レーザー脱毛とニードル脱毛(針脱毛)の違いは?

Beautiful young woman on white background. Portrait of asian.

ニードル脱毛とは?

永久脱毛効果のある脱毛方法は、医療レーザー脱毛とニードル脱毛(針脱毛)の2種類があります。医療レーザー脱毛は医療機関でのみ受けることができ、ニードル脱毛はエステサロンでも受けることができます。

ニードル脱毛は毛穴に針を差し込んで電流を流し、毛根部にダメージを与えることで脱毛を行います。
1本1本の毛を処理していくため脱毛効果が高く、長い間無毛状態を維持することができるというメリットがあります。医療レーザー脱毛では日焼けした状態では施術を受けることはできませんが、ニードル脱毛は日焼けしている肌や色素沈着が生じていても脱毛することが可能です。

しかし、ニードル脱毛の施術はかなり痛みを伴い、長い施術時間を要します。料金もかなり高めに設定されているので費用と時間がかかり、痛みがあるというデメリットがあります。また、ニードル脱毛を受けるには毛が伸びた状態でなければならないため、毛を伸ばさなければならない点もデメリットと言えます。

医療レーザー脱毛とは

対して医療レーザー脱毛は毛根部にレーザーを照射することで脱毛を行います。1本1本処理するニードル脱毛と違って一度に処理できる範囲が広いため、施術時間が短いというメリットがあります。

「ライトシェア・デュエット」など最新の医療レーザー脱毛機器はほぼ無痛状態で施術が受けられるため痛みが少なく、施術時間も大幅に短縮されているので施術の負担も少ないです。医療レーザー脱毛は毛が伸びた状態でなくとも施術を受けることができ、反対に毛が伸びているとレーザーが届きにくくなるので剃毛してから施術を受けることになります。

黒色に反応するレーザーで脱毛を行うため、日焼けした状態では施術を受けることができない点が医療レーザー脱毛の弱みです。総合的に判断すると、痛みが伴い時間も費用もかかるニードル脱毛より、同じ永久脱毛効果が得られる医療レーザー脱毛の方が負担が少ないと言えます。

料金シミュレーションはこちら

失敗しないお役立ち情報

フリーダイヤル:0120-777-695

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

施術前に知っておくべき基礎知識

永久脱毛の擬似体験

脱毛された方の声

スタッフの研究レポート

脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー