医療レーザー脱毛によるヤケド
  • 施術前に知っておくべき基礎知識
  • 永久脱毛の擬似体験
  • 脱毛された方の声
  • スタッフの研究レポート
  • 脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー
  • 料金シミュレーション
永久脱毛研究室 > 施術前に知っておくべき基礎知識 > 医療レーザー脱毛によるヤケド

医療レーザー脱毛によるヤケド

医療レーザー脱毛によるヤケド

医療レーザー脱毛とヤケドの関係

医療レーザー脱毛は黒色、または茶色に吸収されるレーザーを毛根部に照射することで脱毛効果が得られる施術法です。毛根部にレーザー照射すると熱が発生し、その熱によって毛包の組織にダメージを与えて脱毛するため、レーザー脱毛を受けた後は軽いヤケド状態となります。レーザーの照射出力を弱くすればヤケドのリスクも低くなりますが、同時に脱毛効果も下がってしまうためある程度の照射出力が必要となります。

医療レーザー脱毛機器はヤケドの程度を抑えて脱毛できるように作られているため、ほとんどの方はごくごく程度の軽いヤケドで済みます。ヤケドといっても跡が残るようなひどいものではなく、日焼けした時のような軽いヒリヒリした状態ですので、軟膏などを使ってケアすると数日で火照りはおさまります。
医療レーザー脱毛の特性状、軽いヤケドは避けて通れませんが、お肌にダメージが残るようなヤケドではありませんし、医療レーザー脱毛は医師が常駐するクリニックのみで受けられる脱毛ですので、万が一トラブルが起こってもすぐに医師が対処いたします。

ヤケドのリスク

医療レーザー脱毛によるヤケドの可能性は、施術者の技術にもよります。適切な照射出力で適切に脱毛を行えるだけの技術を持った施術者なら、ヤケドの程度を極めておさえた脱毛を可能にします。ですので熟練した技術を持つ施術者がいるクリニックで施術を受けることで、ヤケドのリスクをおさえることができると言えます。
また、使用している脱毛機器の性能によってもヤケドのリスクも変わってくるので、クリニックで導入している脱毛機器を知ることも必要です。

皮膚の状態によってもヤケドの程度は変わってきます。注意しなければならないのは日焼けです。日焼けした肌はレーザーが吸収されやすいため、ヤケドが起こりやすくなります。ですので脱毛前の日焼けは控えておいた方がいいですし、日焼けの状態によっては施術ができない場合があります。脱毛前は日焼けを避ける、または日焼けがおさまるのを待ってから施術を受けるようにしましょう。

料金シミュレーションはこちら

失敗しないお役立ち情報

フリーダイヤル:0120-777-695

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

施術前に知っておくべき基礎知識

永久脱毛の擬似体験

脱毛された方の声

スタッフの研究レポート

脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー