医療レーザー脱毛に伴うリスクとは?
  • 施術前に知っておくべき基礎知識
  • 永久脱毛の擬似体験
  • 脱毛された方の声
  • スタッフの研究レポート
  • 脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー
  • 料金シミュレーション
永久脱毛研究室 > 施術前に知っておくべき基礎知識 > 医療レーザー脱毛に伴うリスクとは?

医療レーザー脱毛に伴うリスクとは?

医療レーザー脱毛に伴うリスクとは?

医療レーザー脱毛のリスクについて

医療レーザー脱毛は痛みが少なく安全性の高い脱毛方法ですが、施術を受けることによるリスクも存在します。トラブルや副作用が起こる可能性は低いですがリスクはゼロではないため、脱毛施術を受ける前にリスクを知っておいていただきたいと思います。

炎症

医療レーザー脱毛は毛根部にレーザーを照射して発熱させることで脱毛を行うため、施術によって皮膚が軽い炎症状態となります。レーザー脱毛後に起きる症状ですが、軽くヒリヒリする程度ですし数日でおさまるのでそれほど心配することはありません。
脱毛施術後は軟膏などを使うことで炎症をおさえられますので、自宅でのケアが必要となります。ただし、皮膚が弱い方は炎症の程度が強くなる恐れがあり、色素沈着を起こしてしまうことがあります。炎症がなかなかおさまらない場合は、早めにご相談いただければと思います。

毛嚢炎(もうのうえん)

毛根部にレーザー照射すると毛穴のバリア機能が損なわれるため、毛穴に雑菌が入って炎症=毛嚢炎が起こりやすくなります。施術を受けた箇所が赤くなったり、痛みが伴う場合は毛嚢炎になっている可能性があります。毛嚢炎を放置しておくとニキビが発生してしまうので、赤みや痛みがおさまらない場合は早めに診察を受けていただくようお願いいたします。

硬毛化・増毛化

クリニックでの医療レーザー脱毛、またはエステサロンでのレーザー脱毛を受けることにより、まれに毛が硬くなったり増えてしまうことがあります。これを硬毛化・増毛化と呼びますが、なぜ起きるのか明確な原因は判明していません。
硬毛化・増毛化が起こるのはまれですので、脱毛を受けたからといって必ず起こるわけではありません。特に産毛にレーザー照射すると硬毛化・増毛化が起こりやすいとされています。硬毛化・増毛化は痛みは伴いませんが、毛の状態が変化してしまうため医療レーザー脱毛におけるリスクのひとつとして数えられます。

料金シミュレーションはこちら

失敗しないお役立ち情報

フリーダイヤル:0120-777-695

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

施術前に知っておくべき基礎知識

永久脱毛の擬似体験

脱毛された方の声

スタッフの研究レポート

脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー