医療レーザー脱毛のうちもれとは?
  • 施術前に知っておくべき基礎知識
  • 永久脱毛の擬似体験
  • 脱毛された方の声
  • スタッフの研究レポート
  • 脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー
  • 料金シミュレーション
永久脱毛研究室 > 施術前に知っておくべき基礎知識 > 医療レーザー脱毛のうちもれとは?

医療レーザー脱毛のうちもれとは?

医療レーザー脱毛のうちもれとは?

うちもれ(照射漏れ)

医療レーザー脱毛ではしばしば「うちもれ」が起こります。漢字にすると「打ち漏れ」、つまりレーザーの照射で脱毛をしたはずが体毛が残ってしまっている部分を指し、「照射漏れ」とも呼ばれます。「うちもれ」があった場合、無料で再照射をいたしますので追加料金は発生いたしません。

うちもれかどうかの判断

ひとつ注意したいのは、レーザー照射をしてすぐに毛が抜け落ちるわけではないということです。部位や個人差がありますが、レーザー照射後、約3週間ぐらいで毛が自然に抜け落ちていきます。それまでは「うちもれ」かどうか判断できないので、施術を受けてから3週間~4週間あたりに判断します。「うちもれ」の対応期間はクリニックによって異なるので、事前に確認しておきましょう。

もうひとつ知っておいてもらいたいのは、肌が乾燥していると毛が抜け落ちにくくなるということです。乾燥して表面が硬くなってしまった状態では毛が抜け落ちにくいため、レーザー照射後は肌に潤いを与えるために保湿をしっかり行う必要があります。保湿をしておけば施術から3週間後ぐらいに自然に毛が抜け落ちていきます。

レーザーはメラニンに反応するため、毛が濃い部分は効果が現れやすいですが、メラニン色素が薄い産毛は効果が現れにくいという特性があります。この特性も「うちもれ」であるかどうかの判断に迷うところですが、基本的に産毛は数回の施術によって脱毛効果が現れるため、1回の施術で効果が感じられなかったからといって必ずしも「うちもれ」であるとは限りません。「うちもれ」を判断するタイミングは難しいとことですが、「うちもれ」かどうか迷ったらご遠慮なくご相談ください。

「うちもれ」でなかったらそのうち毛が抜け落ちていきますし、「うちもれ」であったなら無料で再照射いたします。毛が抜け落ちるまでに3週間ほどかかること、薄い毛や産毛はレーザー照射をしても効果が現れるまでに時間がかかることをふまえた上で、「うちもれ」かどうかを判断していただければと思います。

料金シミュレーションはこちら

失敗しないお役立ち情報

フリーダイヤル:0120-777-695

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

施術前に知っておくべき基礎知識

永久脱毛の擬似体験

脱毛された方の声

スタッフの研究レポート

脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー