医療レーザー脱毛はどれくらいの痛みがある?
  • 施術前に知っておくべき基礎知識
  • 永久脱毛の擬似体験
  • 脱毛された方の声
  • スタッフの研究レポート
  • 脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー
  • 料金シミュレーション
永久脱毛研究室 > 施術前に知っておくべき基礎知識 > 医療レーザー脱毛はどれくらいの痛みがある?

医療レーザー脱毛はどれくらいの痛みがある?

医療レーザー脱毛はどれくらいの痛みがある?

医療レーザー脱毛の痛みについて

医療レーザー脱毛はレーザー照射で毛根部を発熱させて組織を破壊するため、その性質上痛みを完全になくすことはできません。痛みの程度はよく輪ゴムではじいた時のような痛みやチクチクとする痛みと表現され、かなりの痛みを伴うニードル脱毛(針脱毛)と比べて医療レーザー脱毛は痛みが大幅に軽減されています。これまでの医療レーザー脱毛は痛みが伴うというイメージがありましたが、レーザー脱毛機器の性能が向上しているので痛みは大きく軽減されています。

痛みが少ないレーザー脱毛機器

医療レーザー脱毛機器の性能によっても痛みの程度が変わり、ルミナス社の最新機器「ライトシェア・デュエット」は従来の機器よりも施術時の痛みを大幅に軽減することに成功しています。「ライトシェア・デュエット」は皮膚を引っ張り上げて毛根部のみに選択的にレーザーを照射できるため、レーザーの照射出力を弱めても充分な脱毛効果が発揮されます。レーザーの照射出力は痛みに大きく関わってくるので、毛根部だけを狙ってレーザー照射できる「ライトシェア・デュエット」は従来の機器に比べると痛みが少なくなっています。

レーザーの照射面積も広くなっており、従来の3分の1にまで施術時間が短縮できます。施術を行う施術者の技術によっても痛みも程度が変わってくるので、技術が安定していて信頼できるクリニックを選ぶことも痛みを軽減させる方法と言えます。

メラニンによって変わる痛みの程度

部位やお肌の状態によっても痛みが異なり、日焼けした肌はメラニン色素が多いためレーザーが吸収されやすく痛みが増してしまいます。医療レーザー脱毛では日焼けした状態の肌にレーザーを照射することができないため、施術前の日焼けは避けるようにしてください。
目に見える日焼けでなくとも、紫外線を浴びてメラニンが増えている場合があるため、4~8月の紫外線が多くなる季節や脱毛を受ける1~2か月前あたりは日焼け止めを塗って日焼けを防止しておきましょう。
日焼けしてしまったら、日焼けが治まるのを待ってから脱毛を受けるようにしてください。

料金シミュレーションはこちら

失敗しないお役立ち情報

フリーダイヤル:0120-777-695

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

施術前に知っておくべき基礎知識

永久脱毛の擬似体験

脱毛された方の声

スタッフの研究レポート

脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー