医療レーザー脱毛後に必要なお手入れ
  • 施術前に知っておくべき基礎知識
  • 永久脱毛の擬似体験
  • 脱毛された方の声
  • スタッフの研究レポート
  • 脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー
  • 料金シミュレーション
永久脱毛研究室 > 施術前に知っておくべき基礎知識 > 医療レーザー脱毛後に必要なお手入れ

医療レーザー脱毛後に必要なお手入れ

医療レーザー脱毛後に必要なお手入れ

施術後のお手入れ

医療レーザー脱毛はレーザーの照射によって熱を発生させて毛根部の組織を破壊する脱毛法であるため、施術後の皮膚は軽い炎症状態となります。ヒリヒリした感じがありますが、2~3日で治まっていくので心配はありません。

施術後は肌の火照りを抑えるために軟膏やクリームでお手入れをしてください。炎症といってもごくごく軽い状態なので軟膏・クリームを塗布していれば火照りは治まっていきますが、強い赤みや痛みがある場合はすぐに医師の診断を受けるようにしてください。炎症の程度は個人差や脱毛する部位によっても異なりますが、皮膚が弱い方は炎症が起こりやすいので軟膏・クリームでしっかり火照りを抑えましょう。

施術当日のシャワー

脱毛施術当日にシャワーを浴びることはできますが、皮膚が軽い炎症状態となっているためタオルやボディブラシで肌をこすらず洗い流す程度にし、熱いシャワーも肌に刺激となるため、ぬるま湯にしてください。
湯船に浸かるのは炎症が治まってからにし、温泉やサウナなども控えてください。また、アルコールの摂取も脱毛施術直後は控え、赤みや炎症がひいてからの方が良いでしょう。

乾燥に要注意

施術後はお肌が乾燥しやすい状態となっているため、いつも以上に保湿が必要となります。お肌が乾燥した状態は皮膚の表面が硬くなり、毛が自然に抜け落ちにくくなるので脱毛効果を高めるためにも保湿は必須です。

毛嚢炎に要注意

脱毛施術では毛根部にダメージを与えるため、毛のバリア機能が低下した状態となります。バリア機能が低下すると雑菌が入りやすくなり、毛嚢炎が起こりやすくなりますので、雑菌が入らないように注意してください。毛嚢炎が長引くとニキビになってしまうので、毛嚢炎が治まらない時は早めにご相談ください。

脱毛施術後は軟膏・クリームによるお手入れを欠かせず、湯船に浸かったり運動する、またアルコールを摂取するなど体温が上昇することは避けましょう。施術後はお肌が敏感な状態となっていますので、いつも以上のスキンケアに気を配ってあげることが必要です。

料金シミュレーションはこちら

失敗しないお役立ち情報

フリーダイヤル:0120-777-695

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

施術前に知っておくべき基礎知識

永久脱毛の擬似体験

脱毛された方の声

スタッフの研究レポート

脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー