医療レーザー脱毛機器の種類とそれぞれの特徴
  • 施術前に知っておくべき基礎知識
  • 永久脱毛の擬似体験
  • 脱毛された方の声
  • スタッフの研究レポート
  • 脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー
  • 料金シミュレーション
永久脱毛研究室 > 施術前に知っておくべき基礎知識 > 医療レーザー脱毛機器の種類とそれぞれの特徴

医療レーザー脱毛機器の種類とそれぞれの特徴

医療レーザー脱毛機器の種類とそれぞれの特徴

医療レーザー脱毛機器にダイオードレーザー、アレキサンドライトレーザー、YAGレーザー(ヤグレーザー)、ルビーレーザーなど複数の種類があります。各機器にはそれぞれメリット・デメリットがあるので、機器ごとの特徴を解説したいと思います。

ダイオードレーザー

ダイオードレーザーは複数あるレーザー脱毛機器の中で最もよく使用されているタイプで、照射出力が高く皮膚を冷却しながらレーザー照射を行っていくので痛みが少ないのが特徴です。メラニン色素に反応するレーザーを照射することで脱毛を行います。産毛などメラニン色素が薄い毛にも効果があり、照射漏れが少ないのもダイオードレーザーの特徴と言えます。

ルミナス社が開発した最新のレーザー脱毛機器「ライトシェア・デュエット」はダイオードレーザーですが、皮膚を引っ張りあげてレーザー照射するというシステムを導入しているため、冷却の必要がなく痛みも大幅に軽減されているので多くの方に支持されています。

アレキサンドライトレーザー

アレキサンドライトレーザーは宝石を使用したレーザー脱毛機器で、レーザー照射ど同時に冷却を行うので事前のジェルの塗布が必要ありません。照射範囲が広いのでスピーディーな脱毛が可能ですが、産毛には効果が現れにくいという弱みもあります。ダイオードレーザーと同様、採用しているクリニックが多い機器です。

YAGレーザー

YAGレーザーはダイオードレーザーやアレキサンドライトレーザーに比べてメラニンへの吸収率が低いですが、日焼けした肌などメラニン色素が多くなっている状態でも使用しやすいというメリットがあります。上記2つの機器よりも脱毛効果は劣るため、採用しているクリニックは多くありません。

ルビーレーザー

ルビーレーザーはメラニンへの吸収率が高いため、メラニン色素が薄く肌が白い人に向いています。日本人にはあまり向いていないため、採用しているクリニックは少ないです。

料金シミュレーションはこちら

失敗しないお役立ち情報

フリーダイヤル:0120-777-695

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

施術前に知っておくべき基礎知識

永久脱毛の擬似体験

脱毛された方の声

スタッフの研究レポート

脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー