妊娠中に脱毛が受けられない理由
  • 施術前に知っておくべき基礎知識
  • 永久脱毛の擬似体験
  • 脱毛された方の声
  • スタッフの研究レポート
  • 脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー
  • 料金シミュレーション
永久脱毛研究室 > 施術前に知っておくべき基礎知識 > 妊娠中に脱毛が受けられない理由

妊娠中に脱毛が受けられない理由

妊娠中に脱毛が受けられない理由

おなかを触る女性

妊娠中の脱毛について

基本的に妊娠中に脱毛を受けることはできないため、脱毛を希望される方は妊娠前、または妊娠後に脱毛を受けることになります。妊娠中に脱毛が受けられない理由は施設によって異なりますが、妊娠中はホルモンバランスが崩れるため脱毛は不可としている場合が多いです。ホルモンバランスが崩れた状態で脱毛施術を行っても脱毛効果が薄く、脱毛した箇所からまた生えてくるケースが多いようです。

個人差があるので一概には言えませんが、ホルモンバランスが崩れている時に脱毛を受けても効果が薄いというのが大きな理由として挙げられています。せっかく脱毛をしてもまた生えてきてしまっては意味がありませんので、妊娠中の脱毛は一般的にはしないことになっています。

レーザー脱毛によるレーザーが胎児や母体に直接影響を与えるわけではありませんが、妊娠中の脱毛は100%安全であるとは言い切れないため妊娠中は避けておくべきだと思います。レーザー脱毛は痛みが少ないですが、ニードル脱毛(針脱毛)や電気脱毛は痛みが伴うので妊娠中に施術を受けるのは良いとは言えません。一般的に妊娠中の脱毛はできないとしているので、もし妊娠中の脱毛を受け付けている施設は安全性に疑問があります。

脱毛コースについて

脱毛は毛周期の関係上、ある程度の期間が必要となるため、脱毛のコースを開始してから妊娠することもあるかと思います。期限付きの脱毛コースだと妊娠によって通えなくなってしまう恐れがあるため、期限なし・無期限の脱毛コースを選ぶ方が良いでしょう。無期限なら妊娠後でも規定回数分の脱毛を受けることができるので、妊娠以外の理由で期間が空いた時もしっかり元が取れるので安心です。

妊娠中に無理して脱毛を受けるのはあまりオススメできませんし、多くの施設が妊娠中の脱毛は受け付けていないので、通院中に妊娠した場合は脱毛後に再度施術を受けるようにしましょう。妊娠した時に備え脱毛期間の制限がない脱毛コースを選んでおくことをオススメします。

料金シミュレーションはこちら

失敗しないお役立ち情報

フリーダイヤル:0120-777-695

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

施術前に知っておくべき基礎知識

永久脱毛の擬似体験

脱毛された方の声

スタッフの研究レポート

脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー