脱毛方法ごとの効果と特徴の違い
  • 施術前に知っておくべき基礎知識
  • 永久脱毛の擬似体験
  • 脱毛された方の声
  • スタッフの研究レポート
  • 脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー
  • 料金シミュレーション
永久脱毛研究室 > 施術前に知っておくべき基礎知識 > 脱毛方法ごとの効果と特徴の違い

脱毛方法ごとの効果と特徴の違い

脱毛方法ごとの効果と特徴の違い

脱毛方法の種類

脱毛には医療レーザー脱毛、光脱毛、ニードル脱毛(針脱毛)などの医療機関やエステサロンで受けられる脱毛から、除毛クリームやワックスを使った自宅での脱毛があります。毛抜きやカミソリ・電気シェーバーによる自己処理も脱毛に数えられます。

医療レーザー脱毛

よく間違いやすいのは、医療レーザー脱毛と光脱毛の違いです。医療レーザー脱毛は医療機関で受けられる脱毛で、エステサロンでは受けることができません。エステサロンで受けられるのは光脱毛で、医療レーザー脱毛は行っていません。医療レーザー脱毛はレーザーの照射出力を強く設定することができるので脱毛効果が高いという特徴があります。医療機関で施術を受けるので安全性が高く、トラブルが生じた場合も医師が迅速に対応します。

光脱毛

エステサロンの光脱毛は医療行為ではないためレーザー脱毛の照射出力が制限されており、医療レーザー脱毛と比べると脱毛効果は低くなります。価格がリーズナブルというメリットがありますが、照射出力が弱いため施術を受ける回数が多くなってしまいます。医療レーザー脱毛も光脱毛も痛みをほとんど感じずに施術が受けられるというメリットがあるため、主流な脱毛として普及しています。

ニードル脱毛(針脱毛)

ニードル脱毛(針脱毛)は電気を通した針で1本1本脱毛していくため脱毛効果は高いですが、痛みが大きいというデメリットがあります。施術時間も長くなるので、痛みが少なく短時間での脱毛が可能な医療レーザー脱毛や光脱毛と比べると敬遠されがちです。

除毛クリーム・ワックス

除毛クリームやワックスを使った脱毛は自宅で手軽にできるというメリットがありますが、化学成分によって体毛を溶かしていくので肌荒れなどのトラブルが起こる可能性があります。これらの脱毛法は安くて手軽ですが、肌がダメージを受けやすいということに注意しましょう。

医療レーザー脱毛やニードル脱毛は毛根部の組織を破壊するため毛が生えにくい状態となりますが、除毛クリームやワックスによる脱毛は毛根部が残っているので何度も使用しなければなりません。繰り返し使用していると肌がダメージを蓄積していってしまうので、使用時は肌に与えるダメージのことを考えながら使用しましょう。

料金シミュレーションはこちら

失敗しないお役立ち情報

フリーダイヤル:0120-777-695

  • 無料カウンセリング予約
  • 無料メール相談

施術前に知っておくべき基礎知識

永久脱毛の擬似体験

脱毛された方の声

スタッフの研究レポート

脱毛にお悩みの方のQ&Aコーナー